滋慶学園高等学校 美作キャンパス

第2回鳥取市医療看護専門学校訪問

鳥取市医療看護専門学校訪問してきました!

早くも2回目の訪問をさせていただきました。(前回のブログはこちら

今回は作業療法士と言語聴覚士のお話を伺いました。

言語聴覚士とは、言語障害、音声障害、嚥下障害など、こうした問題の原因などを明らかにし、対処法や援助、指導などを行う専門職です。

作業療法士とは怪我や病気などで日常生活など生活に欠かせない動作(仕事としてではなく、家事、入浴、食事)などが困難になった人を身体面や精神面でサポートしていく専門職です。

このふたつはもちろん国家資格の専門職です。

最初に言語聴覚士のお仕事のお話を聞きました。

補聴器を使った食べ物や飲み物の飲み込みを確認する動作や、

何かが欠けているイラストや模様をブロックにて組み立てる作業を行い視覚の機能の確認を判断する体験をさせていただきました。

  

 

次に作業療法士のお仕事のお話を聞きました。
作業療法士では補助具を使って日常生活をサポートしていました。また補助具は買うと値段が高いものもあるので、専門学校の教室では身近なもので作られた補助具があり、少しの工夫で作ることができると教えていただきました。

 

また、お箸を使いやすくするための補助具も専門学校の在学生と一緒に作らせていただきました。

頑張って補助具の作成にチャレンジ

↑これは在学生が作られた完成品です。

なかなかこのようになりませんでした。

さすが、在学生

 

生徒たちは、どちらの仕事もとてもやりがいのある仕事だと感じました。職業の名前は聞いたことがあるけど、細かい仕事内容を知ることができた、など体験を通じて様々な職業を知る機会ができて本当によかったと思います。

 

鳥取市医療看護専門学校の西村先生、野崎先生ありがとうございました。

 

 

滋慶学園高等学校では様々な体験にチャレンジしています。

当校に興味を持った方、気になっている方はぜひ当校へ見学にお越しください

資料請求はこちら

オープンスクールのお申し込みははこちら

 

ページトップへ