滋慶学園高等学校 美作キャンパス

学校長よりVol.10~制服紹介~

みなさん今日は学校長の伊東です。
いよいよ3月に入りましたね。卒業シーズンとなりました。
卒業する、していく寂しさとまた新しくスタートする高揚感がしたり、本格的な春がやってきますね。

天気も朝晩はまだまだ冷えますが、日中は春の陽気さを感じます。

 

さて前回の記事でオリンピックについて少し触れました。
今回の冬季オリンピックの日本人選手の活躍素晴らしかったですね。
最後の最後まで目が離すことができませんでした。
今度はパラリンピックが始まります。岡山県出身の選手も出場されますので活躍がとても楽しみです。

この岡山県美作市も雪が降る地域ですが、なかなか冬のスポーツの

競技を見る機会がないので見ることができるのもひとつの楽しみです。

 

平成30年4月にいよいよ、滋慶学園高等学校は広域性通信制・単位制普通科高等学校として開校いたします。

通信制といっても本校所在地の美作キャンパスは通学5日コースを設けていますので
当校に通う生徒毎日学校に通学して勉強やスポーツなど自分の目標に向かって励んでいきます。

毎日学校へ通学するので美作キャンパスの生徒は制服を着用します。
制服はこのホームページの別の場所に記載されています。>>こちら

今回は私からも制服を紹介させてもらいます。
(在校生がいないのでモデルはいません。職員にお願いしたら断られました。残念。)
当校は男女ともに冬服はブレザーを着用します。

   

↑紺色のブレザー誠実なイメージを抱かせます。     ↑白の刺繍で上品に仕上げています。

   

↑ブレザーの襟は白いパイピング(裁縫用語で袖の端を布でくるむ、ほつれ防止にもなります)でインパクトを。

 

↑赤いネクタイとリボン。ワンポイントにJのマーク入り。グラデーションになっていますのであえてすべて真っ赤ではないのが、特徴です。

  

↑夏服は男女ともにブルーのシャツを着用です。刺繍も白からネイビーに

変わって校章と合わせています。透けにくい生地をつかっているので夏でも着やすいデザインです。
シャツの丈も短いデザインですのでズボン・スカートに入れず、またノーネクタイ・ノーリボンなので

真夏の暑い日々も比較的過ごしやすく、爽やかなスタイルになっています。

AKB48の衣装デザインでお馴染みのオサレカンパンニーに監修、またたくさんのみなさんにアンケート
協力をいただき決定しました。ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。また「OCSD」のホームページにも当高等学校が掲載されています。

ぜひ一度アクセスいただきご覧ください。(実は学校紹介に私がいます。)
学校見学会では実物を試着できますのでぜひお越しください。
ではまた次回の記事でお会いしましょう。

〇伊東〇

ページトップへ