滋慶学園高等学校 美作キャンパス

進学専攻ロボットプログラミングコース本校通学コース週5日

将来、大学や専門学校で学ぶロボット工学、
ロボット・プログラミングの基礎を先取りで勉強します。

日本の未来のあらゆる産業に人工知能(A I )は欠くことのできない要素となりつつあります。人口減少社会の効率的情報システムの構築はもちろん、複雑なデータ解析を一瞬でこなす医療、農業や漁業も例外ではありません。そんな未来のスマート化を先取りするのがこのコースです。

3つの特色

01 これからの時代を担う研究者・エンジニアを目指し、ロボット・プログラミングをいち早く学び、将来、第一線で活躍できる人材になる。

現代社会は情報なしでは成り立ちません。しかも加速度的に進化し続けます。常に新しい知識や新技術に目を向ける。そんな視点を養うことを目的とするコースです。

02 午後は理系に特化したカリキュラムで、工学・情報系の大学を目指す。

高度な知識や技術を修得する場は理系学部、特に情報工学系学部です。その難関入試をクリアするために理系科目をメインに合格力を錬磨します。

03 3Dプリンタなどの最新設備で"つくることで学ぶ"を実践する。

ロボット工学やIT 分野の研究者、社会の第一線で活躍するハイテク産業の開発部門担当エンジニアから特別講義・実習を通じて最先端の科学技術を学びます。

主なカリキュラム

徹底した専門教育と進学対策を目指す。
3年間のスケジュール
(専門教育)

基礎知識・技術(高1)

実習を中心にロボット・プログラミングの基礎を習得

実習で実際に手を動かしながら、ロボット製作に必要となる設計や電気などの基礎、またプログラミングの基本的な考え方やルールについて学びます。

応用知識・技術(高2)

課題制作を通して、実践力を身につける

より応用的な知識・技術を学ぶことで専門性を深め、またロボットコンテストへの出場や自分達で考えたオリジナルロボットやアプリの制作などの課題制作を通して、実践力を身につけていきます。

進学対策(高3)

卒業後の進路に向けた受験対策

第一志望校の合格を目指し、夏休みの集中講義や受験対策講座、個別指導により、万全な状態で受験できるようにサポートします。また、3年間の集大成として卒業制作に取り組みます。

1年次より大学入試に向けて、専門分野の必要科目・内容に取り組みます。

午後のカリキュラム例

5時限
13:30〜14:15
物理 英語 ロボット
設計
国語 プログラミング
基礎
6時限
14:25〜15:10
化学 コンピュータ
基礎
数学演習 物理 数学
7時限
15:20〜16:05
スタディ・
メソッド
数学 資格対策
(英語)
化学 ロボット製作
放課後 補習授業(習熟度別対策)、課題製作、個別指導 他

プログラム 4つの特色

1 専門分野は初めてでもゼロからステップアップ方式で学ぶ

2 1年次より、大学入試に必要な科目・内容に取り組む
   例) 物理→ロボット設計にも必須。基礎から学ぶ

3 ロボット分野やIT 分野の第一線で活躍するプロからの特別講義・実習

4 コンテストに挑戦して技術を学ぶ

ピックアップ授業

ロボット設計
コンピュータ上で3D設計ができる“3D CAD”ソフトを使用して、設計の基礎について学び、自分の考えたロボットの3Dモデルを作成できるようになります。
ITツールを活用して苦手科目を克服
スタディサプリ

設備紹介

最新の設備で実践力を身につける!
3Dプリンター
3Dプリンター コンピュータで設計した3Dモデルを、 現実に出力することができるプリンターです。 自分が考えたデザインや構造をすぐに試作することができます。
電気関連機器
電気関連機器 ロボットやモーター、センサーなどの制御に必要な電気知識・技術を学ぶために使用する機器です。

一日の流れ

一日の流れ

指導者紹介

ロボット・プログラミング分野で頑張る君たちをしっかりサポートします。

ロボットやプログラミングは難しいイメージがあるかもしれませんが、基礎からしっかりと勉強していきます!ものづくりやプログラミングは失敗することも多いですが、だからこそ自分が製作したロボットやプログラミングしたアプリやゲームが思い通りに実行されたときは大きな感動と達成感があります。たくさんの失敗を経験し、一緒に成長していきましょう!

理科担当
大阪大学理学部 出身
松本 健吾 先生

松本先生

年間スケジュール

年間スケジュール

目標資格

実用英語技能検定、ICTプロフィシエンシー検定(P検)、情報検定(J検)、数学検定など

進学について

国公立大学工学部・理工学部、私立大学工学部・理工学部、工学・情報系専門学校など

ページトップへ